無利息でできるキャッシング

消費者金融からお金を借りると利息の支払い義務が生じます。そのためキャッシングした場合、単に借りたのと同じ額のお金を返済すればよいというわけではなく、利息の支払いを考慮して返済計画を立てなければなりません。そして消費者金融の提示する利率は高いために、利息の支払いに苦労する人もいます。しかし利息の支払い義務が発生しないケースも存在します。

まずキャッシングの利息に大きく関係するのが利率です。借りたお金の額に利率をかけたものが1日の利息額となるのが一般的です。そしてこれに全額返済までにかかった日数がかけられ、利息の額が決定します。そして返済までにかかった日数がゼロの場合、利息の計算は「利率×借入金×日数」となるために、利息はゼロになるわけです。

現在、キャッシングはインターネト端末があればいつでも申し込みを行うことができ、最寄りのATMなどでお金の出し入れを行うことができます。そのため急にお金が必要になったものの身近なところにお金を手にする手段がキャッシング以外ない場合、インターネットで申し込みを行ってATMでお金を引き出し、その後自宅に帰ってからその日のうちに全額返済してしまえば、利息の支払い義務は生じないのです。

このページの先頭へ