手軽に使えるカードローンは、自分を追い込むことも!

私は都内で働いていたのですが、突然地元に帰ることになりました。私の地元は車がないと移動出来ないくらいド田舎ですので、突然「免許取得」「車購入」というダブルパンチを食らうことになりました。

しかし当時はあまり貯蓄がなく、家族に借りるわけにもいかないので、やむを得ずカードローンを利用しました。

カードローンのおかげで自動車学校にもすぐ通えたし、車を買う頭金もすぐ用意出来たので助かりました。

しかし、その後転職先が決まるまでの間の生活費もカードローンで賄っており、財布の紐がたいぶ緩くなってしまったことは大反省点です。

欲しい物があれば「就職決まれば返せるだろう」と、過信してしまい借入額は膨らむばかり・・・。

1年間で倍近くの借入額になってしまいました。

今は無事就職も決まり、収入もそれなりに増えてはきましたが、毎月の返済で苦労をする羽目になってしまいました。

個人の計画性の問題ですが、「もう手を出すまい」と心に決めております。

「計画性」と、CMなどでよく聞くと思いますが、本当にその通りです。1度大きな借入をしてしまうと、お金を借りることに抵抗がなくなります。そうするとあれよあれよとカードの力を借りてお買い物をしてしまい、借入額が大きくなってしまうので、本当に気を付けてください。

関連記事

このページの先頭へ