銀行系おまとめローン〜低金利で借り換えをしたいなら

消費者金融などから比較的高い金利で借り入れをしている場合、月々の返済額の大部分を占めてくるのはやはり金利の返済分。 この金利返済の額を小さくしていく為には、今よりも低い金利でお金を借り換える必要があります。

そこで多くの方が利用するのが銀行系のカードローンです。 大手銀行などが運営するカードローンに借り換えを行うことで、金利を下げることによって月々の返済額をコンパクトにまとめることが出来ます。

ではそもそも銀行系ローンとはどのようなものなのでしょうか?

・ 銀行系ローンってどんなもの? 都市銀行や地方銀行、また銀行系のグループが個人向けに融資を行うことの総称を「銀行系ローン」と呼びます。

例えば有名どころだとSMBCコンシューマーファイナンスの運営するプロ◯スなんかは皆さんもご存知ですよね?

大手銀行がバックボーンとなっていることもあり、信用もある上に金利も比較的低い為初めてキャッシングを行う方が最初にイメージするのも、こうした大手銀行系のローン会社です。

審査に至ってもその他消費者金融の会社と大差ないため、ここ数年で利用者も激増している傾向にあります。

・消費者金融との違いは? 特定の金融機関が運営するもの、またはそうした金融機関が消費者金融とノウハウ提携して運営しているのが銀行系のローン会社です。

一方純粋な消費者金融は銀行の様に預金を扱うことは行っていません。 単純に融資をする昨日だけを有しているのが、消費者金融系のローン会社です。

銀行系のローン会社に比べ、審査も甘いところが多く、基本的には成人していて、安定した収入さえあれば利用することが可能です。パートタイマーやアルバイトでも利用することが出来るので、一時は社会問題にまでなりました。

発足当時は金利も今より高かったため、今では弁護士や司法書士が「払い過ぎた金利を取り戻します」といってバンバン広告を打っていますよね?

消費者金融系のローン会社は銀行系のローン会社と比べると借りるのは容易ですが、金利が比較的高くつくため長い目で見ていくと負担が大きくなっていく傾向があります。

そして消費者金融系で複数の借金を作ってしまった場合最終的に返済していくのが困難になってしまう人も多いようです。

もしも複数のカードローンで困っている場合は、銀行系のカードローンに借り換える事により金利負担を軽減できる可能性が高くなります。

銀行系のおまとめローンを利用することが出来れば、あなたの返済計画もよりシンプルで明確なものになっていくのではないでしょうか?

関連記事

    おまとめローンってそもそもどんなもの?

    「おまとめローン」という言葉を聞いたことがありますか? キャッシングやローンの返済でお悩みの方はおそらく一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? また、これから「おまとめローンを利用して返済を行っていきたい」という方の為にも、「おまとめローン」とはそもそもどんなもので、どんなメリッ... 記事を読む

    おまとめローンを利用するには〜準備編

    多くの借り入れ先からの借金を一本化したい! 金利をなるべく安く抑えて返済を楽にしたい! 複数の借り入れ先への返済のストレスを減らしたい! おまとめローンを利用する方の多くはこの様な悩みを抱えています。 では実際に利用するにあたってどんな手順を踏み、準備をしていけばいいのでしょうか? ... 記事を読む

    おまとめローンを利用するには〜申し込みの手順編

    おまとめローンを申し込みをするにあたっては、各銀行系ローン会社ごとに用意されたフォーマットに記入を行っていく必要があります。 今までにローンの借り入れを行ったことがある人ならば、一度はやったことがありますよね? その時と同様、氏名、生年月日、居住地、年収などの項目を埋めていきます... 記事を読む

    おまとめローンを利用するには〜審査の基準はどうなっている?

    銀行系のおまとめローンでも、その他クレジットカード会社や消費者金融などと同様に審査が存在します。 消費者金融などでは初回は50万円までなどといった、比較的少額な融資なので審査も通りやすくなっています。ですが、おまとめローンを利用する際には100万円以上など融資額も高額になってきますので... 記事を読む

    おまとめローンを利用するには〜審査基準についてその2

    銀行系ローンでおまとめローンに借り換えを行いたい場合には、まずは審査を通過する必要があります。 金融機関が審査を行う場合、どのような項目をチェックしていくのかについて、前回に引き続き、お話ししていきたいと思います。 ・ 会社の勤続年数 会社の勤続年数が多いほど、審査の際もプラスに働... 記事を読む

このページの先頭へ