おまとめローンを利用するには〜審査の基準はどうなっている?

銀行系のおまとめローンでも、その他クレジットカード会社や消費者金融などと同様に審査が存在します。

消費者金融などでは初回は50万円までなどといった、比較的少額な融資なので審査も通りやすくなっています。ですが、おまとめローンを利用する際には100万円以上など融資額も高額になってきますので、審査もより慎重に行われて行きます。

この際の審査項目には 勤務先、勤続年数や年収、居住形態、電話など様々な項目があります。 それぞれどのような基準で見られていくのかチェックしてみましょう。

・ 勤務先 お金を貸す方からすれば、貸した相手の収入が安定していて途絶えないことが最も重要な判断基準の一つになります。 ひょっとしたら倒産してしまうかもしれない会社の従業員に高額なお金を貸そうとは思いづらいですからね。

ここで評価が高いのは大企業にお勤めの人や公務員。公務員はそもそも不祥事でも起こさなければ首を切られることもありませんし、収入も安定しています。

中小企業の場合は大企業には劣りますが、正社員で働いているという点で、フリーターや自営業者に比べたら評価は高くなります。

フリーター自営業者の場合は収入が安定しないことが多く、場合によっては収入が途絶えてしまう可能性もあるため、評価としては良いとは言えません。 しかし、可能性が無くなるわけではありませんから過度な心配はいりません。 実際にフリーターや自営業者でおまとめローンを利用している方もいますので。

最も評価されないのは当然ではありますが無職の方です。 収入のない人に対してお金を貸すのは貸し手にしてみればリスクでしかありませんから・・・

・ 収入 収入に関しては多ければ多いほど審査が通る可能性は高くなります。 ただ逆に少なすぎる場合には障壁になってくる場合があります。 ボーダーラインとしては年収200万円が一般的に多いようです。 年収200万だと月収に換算すると16万円程度。 1人で暮らしていくのに丁度必要なコストと重なってきます。

大きなお金の返済を行っていくには、この水準の収入が必要になってくるという見方をしているのではないでしょうか?

収入面で心配な方は、保証人をたてることによって審査をクリア出来る可能性もあるので、まずはやる前から諦めずに、まずはアクションを起こしてみることをオススメします。

このページの先頭へ