審査を通過させるためにやってはいけないこと

借り入れをする為に、まずは審査を通過させなければいけません。

他社の借り入れが多い人ほど言える事なのですけど、素直に今いくら借りているのかなんて言いたくないですよね。

でも、もしここで嘘の申告をしても必ずばれてしまうことを知っていますか?金融会社は審査の時に必ず信用情報機関というところで申込者の過去の記録を調べます。

過去に支払いの遅れがあったか、いまいくら借りているのか、正確な数字を把握することができます。

他社の借り入れがあるのに0円で審査して通ったとします。実際、嘘の申告で通過してしまうことはよくあることです。

でも、他社の借り入れがバレなかったのかというと、実はそうでもありません。

正確な金額までしっかりと調査され、それでも年収の3分の1以下で遅れや事故歴がないことから審査に通過した。に過ぎません。申込時に嘘偽りなく申告していたら、むしろ枠がもっと大きかったかもしれませんね。

ちなみに3分の1というのは銀行を除いた貸金業の上限ルールです。銀行からの借り入れの場合は3分の1以上でも借りられます。

枠が少なくなったとしても借りられたのならまだいいとして、嘘の申告をしたことで審査落ちするのではもったいないです。

申し込みの事実も他社の借り入れと同様に信用情報機関に登録されます。申し込み履歴があるのに別の会社で借り入れ審査を受けているようでは信用はガタ落ちです。

本来なら通過できた審査を落とさない為に、問われた質問は素直に答えましょう。

これが貸金の審査に通過する必勝法ではないでしょうか。


関連記事

  • 審査を通過させるためにやってはいけないこと (← この記事)

このページの先頭へ