悪徳、違法な金融会社に騙されないために

銀行系のおまとめローンへの借り換えを行おうとしている方の場合、金利を安くしていきたいといった理由や、返済を一本化したいというだけでなく、単純に金利の負担により生活が圧迫されてしまい、返済が困難になっている方もいらっしゃいます。

お金とは怖いものですから、そうした時には大抵目先のことしか見えなくなってしまいます。そんな時、後先考えずに「とにかくどこでもいいからお金を貸してくれるところを探さなくては」と考えてしまうのは危険です。

個人の方はもちろんのこと、企業の経営者をターゲットにしたケースもよくあるのが「090金融」などと呼ばれる、いわゆる違法な金融会社です。 多重債務者可能、即日振込み、低金利、など甘い言葉で言葉巧みに融資を促してくる業者です。

電柱などに黄色やピンクなどの、チラシが張り付いているのを見たことある人も多いのではないでしょうか?上の様な甘い誘い文句と共に携帯電話の電話番号が書かれているチラシです。

こうしたところに電話した場合大抵どこかの融資してくれる金融会社を紹介してくるのですが、そこで紹介される会社は決まってまともな会社ではありません。

いわゆるヤミ金などと言われるような、法外な金利を請求してくる違法業者です。きちんとした法人というわけでもないため、ドラマで見るような取り立てを行う可能性も無いとはいえません。

それにくわえて電話番号の主は「金を貸す相手を紹介してあげたのだから」という理由で紹介料を請求してきます。 お金に困っているから電話をしたのに、その電話先にいた人から紹介料をとられたりしたらたまったものではありませんよね。

ここでの紹介料もただ紹介をしたのに「こんなに請求されるの?」という、目玉の飛び出る様な金額を請求される可能性もあります。ここで下手に関わると後々ややこしいことにもなりかねません。

いくらすぐにお金が必要だとしても、こうした違法業者には絶対に近づいてはいけません。 そもそも「個人に対して無条件にお金を貸してくれる」なんていうおいしい話があるはずがありません。

一歩踏みとどまって他に方法がないか、よく考えてみて下さい。 自ら破滅の道に足を踏み入れるほど愚かなことはありません。 焦るのはわかりますが、他にある方法を考えてみましょう。

関連記事

    銀行系おまとめローンへの借り換え事例〜20代:Aさん

    東京都に住むサラリーマンです。 在学に伴ない地方から大学に出てきて、ウェブ関係の会社で働いています。 社会人になってからというもの、我ながら情けない部分もありますが、上手に仕事の発散をすることが出来ず、ついつい散財をしてしまう様になりました。 いよいよ生活が苦しくなってきてしまい、軽い... 記事を読む

    銀行系カードローンへのおまとめ事例〜30代C子さん

    私がはじめてお金を借りたのは20代の半ばのことです。 当時周りの友人が結婚式をあげることが多く、一人暮らしをしていた私は連続でご祝儀を出さなければいけない時などにどうしても生活が苦しくなっていました。 一番苦しかったのは11月に結婚式と葬儀が重なった時、香典とご祝儀で10万円近くお金が... 記事を読む

    おまとめローンは特効薬ではありません

    当サイトでは銀行系おまとめローンとはそもそもどんなものなのか?そしてどんなメリットがあるのか、さらには審査内容や実際の利用者の声なども掲載を行ってきました。 「高い金利の支払いを少しでも安く出来れば!」と思い、当サイトを活用される方も多いかと思います。 この文章を見ているあなたも百も承... 記事を読む

このページの先頭へ